クレジットカード換金のメリットとデメリット

クレジットカードを換金するやり方

クレジットカードを現金に換金するという方法が最近ではとても手軽に現金を手に入れることができる方法であるとして、多くの人から注目を集めています。
どうしても日常生活において、現金が手元に無いけれど必要になってしまったというようなことも出てくることかと思います。
急な出費ができたというようなケースもありますよね。
そういった時にお金を用意することができるサービスとしてキャッシングやカードローンといった方法もあります。

▼ 目次

クレジットカードを現金に換金する方法は審査は必要ありません

ですがそういった方法はどうしても審査が必要になり、審査にクリアしなければお金を借りることができません。
ですがクレジットカードを現金に換金する方法では審査等が必要ないんですね。
現金を手にした後はもちろん返済を行う必要はありますが、返済を行う先はクレジットカードの発行元会社であり、現金を渡してくれるのが現金化業者、または個人で行った場合には買い取り業者であるため特に審査等が必要ないのです。
もちろんクレジットカードを発行するためには審査が必要にはなりますが、クレジットカードさえ持っているのであれば審査等は特に必要なく現金への換金が可能です。
ではこのクレジットカードを換金するという方法なんですが、どういったやり方で行うことができるものなのでしょうか。

クレジットカードの換金ではクレジットカードについてくるショッピング枠を換金するというやり方で行うことになります。
そしてやり方としてクレジットカードの現金化業者に対して申し込みを行って現金化する方法と、個人で自分自身で行うという方法があります。
どちらもおすすめではありますが、業者に依頼して行うやり方ではとても手軽で便利に行うことができるやり方となっています。

クレジットカードを現金に換金する仕組みについて

そもそものクレジットカードの現金化の仕組みが分からないという方もたくさんいらっしゃることかと思います。
その詳細な仕組み、やり方としてはまず業者に依頼をする場合では2種類のやり方があるんですね。
1つ目では商品買取型と呼ばれるクレジットカードの現金化の方法です。
商品買取型では商品をクレジットカードのショッピング枠を使って購入し、そしてその商品を買い取ってもらうことで現金を手にするという方法になります。

商品買取型で業者に依頼をする場合では、業者から購入する商品を指定されるケースが大半です。
業者に申し込みを行って必要な手続きを進めていきます。
そして業者から指定された商品を、自分自身のクレジットカードを使って購入し、その業者にその商品を買い取ってもらうという流れになります。
そうすることで買い取り額が銀行口座に振り込まれるのです。
購入した際の金額よりも買い取り額の方が下がりますから、その差が実質的な金利になります。

業者に申し込みを行わずに自分自身で行うという場合でも、この商品買取型でのクレジットカードの現金化となります。
自分自身で行う場合には業者から商品を指定されることができないので、自分自身で商品を選んで購入し、そして専門的な買い取り業者に対してその商品を買い取ってもらうことで現金を手にすることができるという流れになります。
ただし自分自身で行う場合には換金率は決まっていませんし、商品も自分で選ばなければいけないので、高い換金率でまた確実に買い取ってもらうことができる商品を選ばなければいけないので、商品選びやその商品の売買が大変かもしれません。
簡単でリスクが少ないのは業者を利用したほうが良さそうですが、利用の際にはクレジットカード現金化業者の口コミなどで調べることも必要です。

そしてもう一つの方法としてはキャッシュバック型現金化と呼ばれる方法があります。
キャッシュバック型現金化の場合では、クレジットカードで商品を購入するという流れは同じなのですが、その購入する商品自体にキャッシュバック制度がついてくるというものになります。
商品にキャッシュバックがついてくることによって、そのキャッシュバックでお金を振り込んでもらうという流れになります。
お金は銀行口座に振り込まれ、それによって受け取ることが可能です。
このキャッシュバック型現金化はもちろん自分自身では行うことができませんから業者に対して申し込みを行って依頼をするという方法のみになります。

すぐにお金が必要な場合は、即日現金化という方法もあります

クレジットカードの換金、現金化はとても便利で魅力的な方法ですので、ぜひ利用してみるといいかもしれませんね。
どうしてもお金が今すぐに必要だというようなときでも、即日現金化を行ってくれる業者もあります。
即日現金化の場合では現金化の申し込みを業者に対して行うとその日のうちに振り込んでもらうことができるというものになります。

特にキャッシュバック型現金化の場合には、商品の売買のやり取りを行う必要がありませんので、よりスピーディな現金化が可能となります。
クレジットカードで購入したということが分かれば最短10分程度で振り込んでくれるような業者もあるようです。
審査も不要ですからそのおかげでその分振り込みまでの時間を短縮することができているんですね。
ですが実際に業者に申し込みを行っての現金化を利用するという場合には、業者選びは注意しましょう。