クレジットカードの換金を行うデメリットとは

HOME » 換金のメリットデメリット » クレジットカードの換金を行うデメリットとは

クレジットカードの換金を行うデメリットとは

日常生活において非常に便利に使用することができるクレジットカード、計画的な利用でさらに便利に利用することができます。
クレジットカードは1枚は持っているという方がほとんどなのではないでしょうか。
お金を持ち歩かずにショッピングを行うことができる、ショッピングによってクレジットカードのポイントがたまるといったことから、メリットがたくさんあります。

そんなクレジットカードの現金化ではメリット以外にデメリットはあるのでしょうか。
クレジットカードを現金に換金することによって発生するデメリットはあります。
ですのでそういったデメリットを把握したうえで、利用するようにしなければいけません。
ではどういったデメリットが考えられるのでしょうか。

まず一つ目に、実質的な金利が法定金利を超えているということがあげられます。
クレジットカードの現金化は貸金業に当てはまらない為、実質的な金利が法定金利を超えていようとも、それは金利ではないとみなされることになるため違法ではありません。
ですので利用者側に実質的な金利の大きな負担がかかることになってしまいます。

最初にクレジットカードの換金によって現金を手に入れた時はいいかもしれませんが、クレジットカードの発行元会社から請求が来た時に大変な思いをしてしまうかもしれません。
クレジットカードの発行元会社から請求が来るときには手元にお金を用意することができるけれど、現時点においてすぐにお金を用意したいというようなケースで利用するのは大変便利ですし十分に良いかともいますが、計画的に利用しなければ大変な思いをすることになってしまいます。

またもう一つのデメリットとしてクレジットカードの現金化は違法行為ではないもののグレーゾーンである行為ということになります。
というのもクレジットカードの発行元会社が掲げているクレジットカードの利用規約で禁止されているんですね。
ですのでクレジットカードの発行元会社にばれると利用停止になる恐れがあります。