クレジットカードの換金を行う際の注意点

HOME » 換金のメリットデメリット » クレジットカードの換金を行う際の注意点

クレジットカードの換金を行う際の注意点

クレジットカードについているショッピング枠を現金に換金するという、クレジットカードの換金がとても便利でおすすめです。
日常生活において急な出費ができてしまうようなときもありますよね。
支払いがどうしてもこの日までに行わなければいけない、急な送別会や歓迎会などが入ってしまった、急な冠婚葬祭のためにお金を用意しなければいけない、そんな時にクレジットカードさえ持っていればそれで現金に換金することができるのです。
また審査も必要ないので、審査に引っかかるかもしれないという方でも安心して利用することができます。

ですがそんなクレジットカードの現金化を行う際には注意するべき注意点がいくつかあります。
まず最初の注意点としては、クレジットカードを使用するにあたって、そのクレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠に余裕がある状態にしておくことが挙げられます。
クレジットカードの換金では、クレジットカードを使って商品を購入する必要があります。
ですのでまずショッピング枠に余裕がなければ商品を購入することができませんから、ショッピング枠は必ず余裕を持たせておく必要があります。

それからまたなぜキャッシング枠にも余裕が必要なのかということですが、クレジットカードの現金化はクレジットカードの発行元会社が掲げている利用規約において禁止されています。
法律には違反していませんが、クレジットカーの発行元会社の規約違反となってしまいますのでクレジットカーの発行元会社に万が一発覚してしまった場合にはクレジットカードの利用自体が制限されたり利用停止されたりする恐れがあります。

キャッシング枠に余裕がない状態でショッピング枠を使って大きな金額のショッピングをすると怪しまれてしまい、それによって調査されてばれてしまう可能性が大きくなります。
ですのでキャッシング枠にも余裕を持たせておくことが大切です。
またクレジットカードの現金化業者選びにも注意する必要があります。